乗り物好きです

ハンガリーからブルガリアへ空路で移動(Wizz Air)

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

ハンガリーのブダペストからブルガリアのソフィアまでウィズエアーを利用して移動しました。
ウィズエアーの公式サイトにて予約購入。
スーツケースが大きくて重いのと(三辺158センチ以内20kg以下)有料の保険も申し込んだのでそんなに安く購入できた訳ではありませんでした、片道21,040HUFでした。
それでも他社よりはずいぶん安いです。
搭乗券を印刷する必要があったので、宿泊先のホテルで印刷してもらいました。

そして当日


地下鉄の3号線ケーバーニャ・キシュペシュト駅から200E番のバスに乗り空港へ。飛行機マークの案内通りに進めば乗り場に着きます。


事前にオンラインチェックイン済ませていたのですが、荷物を預けるために列に並びます。


バスでのご案内です。
機材はA320-200です。


座席はリクライニングしません。


シートバックもシンプルです。狭いので、大柄な人にとっては窮屈そうでした。


機内はこんな感じです。持ち込み手荷物で棚の中はいっぱいです。

飲食物などはすべて有料での提供でした。
それらに関しては格安ではなかったです(笑)。

1時間ほどのフライトなので、なにも頼みませんでした。


ソフィアに到着。こちらでもバスでのご案内でした。


第1ターミナルに到着でした。
ターンテーブルのところに両替所がありました。
出てきてからもタクシーの窓口があるくらいでATMは見当たりませんでした。

あとから知ったのですが、第1ターミナルと第2ターミナルの間に無料のシャトルバスが運行されているようです。


失敗談:私は地下鉄に乗るために空港の柱に掲示してあったこの見取図をもとに軽い気持ちで第2ターミナルまで歩いて行きました。
結果、スーツケース引っ張って20分以上歩きました。
めちゃくちゃ暑かったです(笑)。

第2ターミナルに到着。第1ターミナルと違い現代的です。
ちなみに地下鉄の券売機の隣にATMありました。

今回の総評です。
絵に描いたようなLCCを利用したのは今回が初めてでした。荷物に関しての条件が良くないので、もっと荷物が小さくて軽い時で長時間でなければ個人的にはアリかな?と思いました。
ただ、リクライニングしないですし、追加料金払えば少し足元広い席も選べるようですが、通常の席はスペース的にあまり余裕がないので、狭いのがダメな方にはオススメできません。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.