乗り物好きです

ギリシャからブルガリアへバスで移動

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

ギリシャのテッサロニキからブルガリアのソフィアまでバスで国境を越えました。


本当は鉄道でベオグラードまで行きたかったのですが、テッサロニキの駅の窓口でたずねたら、列車がないと言われ即終了。
とにかくギリシャを出たかったのと、いくつかテッサロニキの駅前からブルガリア方面のバスが出ているという情報を読んだことがあったので、その売り場を探そうと駅から出たら…


探すまでもなく駅の正面から出てすぐに、大きな道路の向こう側に巨大な広告が見えてました。


切符(乗車後)です。
下のピンクのシールは預けた荷物の控えです。
テッサロニキ08:00発→ソフィア13:00着(ソフィアが終点ではないです。)
料金は片道20€でした。

そして迎えた当日

出発30分前には集合してくださいと言われて、切符購入した窓口に行き、預け入れ荷物につけるシールをもらいます。


窓口のある建物の隣の駐車場に、すでにバスが停まってました。そして指定されている席に座り発車を待ちます。


車内はこんな感じです、普通のハイデッカーです。


シートは2+2列、リクライニングします。


色々装備がついていました。コンセントもUSBポートも試してみましたが通電していなかったので何も使えませんでした。車内にWi-Fiは飛んでいるのですが、ネットに繋がっていなかったです。

定刻より数分遅れで発車、しばらく走ってテッサロニキのバスターミナルでも乗客を拾い、8割方座席は埋まりました。
バスターミナルを出てしばらくすると、切符が回収されます。


そして軽食とペットボトルの水が配られました。


その後ホットコーヒーも配られました。

9時40分過ぎに国境に到着。EU内ではない数人の乗客はパスポート回収されます。そのうち1人だけ(国籍不明)車外に呼び出されたのですが、すぐ戻ってきました。


結局、何も聞かれることなく一度の回収でギリシャ出国とブルガリア入国のスタンプが押されたパスポートが戻ってきました。
拍子抜けするほど簡単に国境を越えてしまいました。


その後、免税店で15分の休憩、無料のトイレも併設されていました。

その後、カップに注いでファンタオレンジも配っていましたが、さすがにもらっている人は少なかったです。

いつのタイミングか忘れましたが、切符も戻ってきました。


12時40分頃ソフィアに到着。大部分の乗客はここで下車しました。鉄道中央駅のそばのバスターミナルです。

今回の総評なのですが、バスの色々な装備品が使えないのは、もともと謳い文句に入っていないし、使えたらラッキーくらいの気持ちでしたので個人的には問題なかったです。
Wi-Fi繋がらないことを乗務員に質問している乗客もいましたけどね。
そんなことより、この価格でこの内容(パンと飲み物付き)というのが嬉しかったです。
あと、車内アナウンスに英語もあったので助かりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.