乗り物好きです

リガからタリンへバスで移動

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

もう数日前のことになってひまいましたが(4月7日)ラトビアからエストニアへバスで国境を越えました。


事前にリガのバスステーションのLUX Expressの窓口にて予約しておきました。今回は少し贅沢して上級シートのLoungeを選択しました。通常シートが多分21€だと思うのですが、28€なので7€の差額です。

タリンのバスステーションについて少し説明を。


コインロッカー。


トイレは0.30€なのですが、シャワールームもあり(中に入っていないので、どんなのかは分かりません)使い方によってはかなり便利なのかなぁ、と思いました。

建物は年季入っていますが、まぁ必要なものはひととおりありますし、街の中なので、周辺で足りないものは補えるかと思います。

私は二階の欲しいものを選んでトレーにのせるタイプの飲食店にて乗車前に昼食を済ませました。


非常に大きな発車案内板、文字も大きくて見やすいです。そのかわりギリギリまで自分の乗る便の表示は出ませんが(笑)。


バスに乗車します。


上級シートのLoungeはカーテンの仕切りより後ろ側です。
2列+1列の配置です。ちなみに通常シートは2列+2列です。


分かりにくい画像ですが、オットマンが付いてます。


モニター(使ってないので、何が表示されるか分かりません)、ヘッドホン、Wi-Fiなど現代的なものは揃ってました。
トイレやコーヒーマシンもあったようなのですが、車内ウロついてないので、詳細は分かりません。


国境越えて、エストニアで最初に停車したパルヌのバスステーションです(出発してから慌てて撮影しました)。
ここで警察官が車内に入ってきてパスポートの確認だけしていました(顔と写真を見比べただけでした)。


タリンのバスステーションに到着。
同じ時間帯にLUX ExpressとECOLINESの2社の選択肢があったのですが、あちらは安いせいか大盛況でした。
LUX ExpressはLoungeを選択する乗客が意外に多くて、うまく棲み分けがなされているのかなぁ、というのが個人的な印象でした。


そしてバスステーションの建物の中へ


建物内はベタな表現ですが、新しくて綺麗で派手です。


外観も同じ色使いです。


ロッカーもあります。
トイレは0.30€です。

結局、私がエストニア滞在中、ホテル以外は有料トイレにしか当たりませんでした。


旧市街の中にある宿泊先に向かうため2番の路面電車に乗りました。一回2.00€です、高っ。

物価の安い国から順に旅をしてきたので、エストニアに着いたら、何もかもが高く感じてしまいました。
タリン市内は街を走ってる車も全然違ってて、ポルシェとかそれ以上のクラスの超高級車も普通に行き交ってて驚きました。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.