乗り物好きです

2018ワールドカップ予選で感じたこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

はっきり言ってサッカー(スポーツ全般)
全く無知で興味もないのですが、旅をしていた時に
ちょっとおもしろいことがあったので
書いてみます。

開催国のロシアには3月に滞在したのですが、
たまにワールドカップの告知をみかけました。


カザンにて


カリーニングラードにて

さて、本題に入ります。
予選のドイツ スウェーデン戦があった日、
私はケルンにいました。

普段は物静かな印象のドイツ人が試合中
街中のバーの画面で試合を見ながら一喜一憂
していました。
点が入るたび街中を歓声が包んでいました。
私は繁華街のホテルの自室にいたのですが、
本当に笑えるくらいどよめきが聞こえてきました。

その日の試合はドイツが勝ったので、
試合後も興奮さめやらぬ人々が深夜まで騒いでいました。
老若男女問わず多くの人が応援していました。
ドイツ国旗柄の首飾り、髪飾り、ドレスなどを
身に付けている人も結構見かけました。


この人形が置いてあるお店あたりは
かなりの人だかりでした。

試合当日に限らずチラホラ見かけたのが


建物の壁面や
自動車のサイドウインドゥに挟み込むタイプ、
ドアミラーにかぶせるタイプ(audiのドアミラーに注目)
様々なドイツ国旗です。

ドイツ人のサッカーに対する熱い思いを
体感しました。

そして数日後
私がオランダへ移動したその日の夕方、
オランダ人もバーでサッカー中継を見ていました。

点が入ると歓声をあげていました。

えっ、オランダ出ていないし。

ドイツ 韓国戦で韓国が得点を入れたのでした。

オランダ人の国民性をを垣間見た瞬間です(笑)。

それと同時に
昨日ブレーメンの音楽隊の前で
「写真撮って」とお願いしてきた韓国人の安否も
一瞬頭をよぎりました。

まぁアジア人なんて区別つかないだろうから
多分大丈夫でしょうけど(笑)。

個人的にはドイツが負ける前に
ギリギリ出国できてホッとしました。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.