乗り物好きです

リガ鉄道駅(駅ナカ)

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

旧市街地が有名なリガの街ですが、そちらについては情報たくさんあると思うので、今回はリガ鉄道駅を中心にざっと情報を書いてみようと思います。
が、次の目的地のタリンまで鉄道を使おうと思ったのに使い勝手が良くないので結局バスを予約することになりました。
そういうことで、


上の画像のような鉄道の情報ではなく、
駅の中に入っているお店についての情報です。
買い物好きな方には、鉄道使わないからと、スルーするにはもったいないような場所です。


「ORIGO」というのがショッピングセンターの名称のようです。


まず駅の外観です。
この画像を使って話をしていこうと思います。

まず、時計台の左側のガラス張りの部分の1階にある青い看板の飲食店「LIDO」外から直接入れる入り口があります。
こちらは食べたいものを自分で入れたり、店員に頼んだりして(目の前に料理が並んでいるので指差しでOK)トレーにのせて、最後に会計するシステムです。
気軽に利用できるので、2日連続で通ってしまいました。
結構この地方の料理や飲み物も置いてあるので、そんなに料理に強いこだわりがない方ならオススメです。


次に時計台の右側の入り口入って


すぐ右にあるエスカレーターを3階まで上がって行くと、ファッションブランドのアウトレットが数店舗ありました。
思い出せるものでも
DIESEL
ARMANI
GUESS
TOMMYHILFIGER
GAS
Calvin Klein
GEOX
adidas
new balance
NIKE
などなど色々売っていました。
本当の意味でのアウトレットショップなので、色やサイズは不揃いですが、掘り出し物が見つかるかもしれません。
私も旅行中という身分にもかかわらず、買ってしまいました(笑)

それ以外にも、スーパーマーケットやカフェ、花屋、家電店など色々なお店がありました。


時計台のすぐ下の部分もバー、レストランになっているようです。
見晴らし良さそうです。


駅も自由に出入りできますので、ホーム下の部分の雑貨屋とか飲食店などものぞいてみると楽しめるかもしれません。

明日はリガを去る日なので、市内で見かけた公共交通機関を以下に少し貼ります。


この街では連接トロリーバスが当たり前のようにたくさん走っていました。


古いタイプの市電、音を聞く限り、モーターなどは新しいものになっていそうでした。

追記:アウトレット関連の情報では、駅からは徒歩20分ほどかかりますが、こんなお店もあります。


Outlet BAZAAR, Rīga, Brīvības iela 72, Central District, Riga, LV-1010 ラトビア

こちらのお店はスポーツ系のブランドは置いてなくて、レディースがメインでした。メンズの品揃えはかなり少なかったです。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.