乗り物好きです

ウィーンの地下鉄

 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

ウィーンでの滞在中、地下鉄の24時間券を利用していたので、私が体験した範囲で書いてみたいと思います。
詳しいことは他の多くの方々が情報提供していると思いますので、料金の部分以外はそちらのほうが参考になるかもしれません。


24時間券も通常の券売機で購入できます。もっと長いものが必要な場合は48時間や72時間という選択肢もありました。クレジットカードも現金も使用できます。
タッチパネル式で英語も選択でき、操作方法も自然で使いやすかったです。


24時間券はこんな感じです。利用後なので刻印がしてあります。私が利用した時点は8€でした。事前に調べた情報よりも少し値上がりしていました。


改札口のような場所で初回だけ打刻をします。その時間から24時間が開始となります。あとは切符を忘れずにいつも持っていて検札があったときだけ見せれば良いです。


車両の一例。


車内の一例、クロスシート車ばかりでした。
注意点としては、地下鉄のくせに完全な自動ドアではなく、ボタンやドアノブで開けないと開かないという一般的な鉄道のような仕様になっていることです。閉まる時は自動なので問題ないです。


面白いところでは、ドナウ川の橋そのものが駅になっています。

駅には次の列車と次の次の列車があと何分でやってくるかを表示してあり、便利でした。
しばらく待ち時間があり次の列車があまりにも混んでいて次の列車がすぐやってくる場合、一本やり過ごすと空いていたりしていました。

あっ、地上の画像ばかりになってしまいましたが、もちろん地下も走っています(笑)。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.