乗り物好きです

台湾から日本へ空路で移動(エバー航空)

2019/10/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

利用したのは2019年9月です。
エバー航空BR128便
桃園からセントレア行きです。

チェックイン機でチェックインしたのですが
撮影し忘れました。

発券された搭乗券を持って荷物を
預け入れるのですが、機械化されていました。


画像右側のところがシャッターになっています。
そこにタグを自分で巻き付けて預けます。


今回ロイヤルローレルクラス(ビジネスクラス)
を利用したのですが、
地味にタグにプライオリティの表記がありました。


出国と免税店での買い物を済ませたら、
待ち時間をラウンジで過ごします。

チェックイン時に手伝ってくれた職員から
ラウンジの案内の紙を手渡されて
インフィニティに行ってくださいと
言われたのですが、ラウンジ入口で、その
紙を回収されてしまいました。
撮影しておけば良かった…。


インフィニティの入口の床(笑)。
分かりやすいですね。


ラウンジの中の様子。


飲食物はこちらに用意されています。
ベジタリアン向けの食事などもありました。
ハーゲンダッツのアイスクリームも置いて
ありましたが、早朝だし、今から飛行機に
乗るということを考えて食べませんでした。


こちらのラウンジでは静かに過ごして
いただくために館内放送を行なっていない
ので、この画面にて情報を確認して下さい
ということでした。


ラウンジのお手洗い。

ラウンジに関して感じたことは
桃園のスターアライアンスラウンジは
セントレアのそれと比較して全体的に
充実していました。
個人的には放送が入らないということが、
非常に気に入りました。
またこのラウンジで待ち時間を
過ごしたいです。


バスでのご案内。
結構のんびり行ったので優先搭乗の
メリットも受けられませんでした(笑)。


B787-9です。
このサイズのものを間近で見ると
さすがに迫力あります。


ウェルカムドリンクには
グァバジュースを選択。

モード別の座席の画像です


このマークの右から順に画像を載せていきます。


まずは一番右。
離着陸時はこの位置で、緑に点灯して
います。少しでも位置を動かすと


緑色が消灯します。


次に右から二番目の状態です。
くつろぎながら全面のモニターを
鑑賞するのには良いのだと思います。


右から三番目の状態です。
水平なフルフラットです。
しっかり眠れます。


ちなみに前席の下はかなり奥まで空間
になっているので、ある程度の身長までは
問題なく真っすぐ寝られます。


分かりにくいですが天井が星空の
ようになっています。


もちろん上記の3つの体勢以外にも
こちら側のスイッチを使用すれば細かく
調整できます。


寝ながら画面を見たい場合はコントローラー
にちいさな画面があるので引っ張り出せば
見られるかも?

続いて食事です。


まずは飲み物
エバー航空限定のカクテル
パッション・アイランドです。

続いて食事ですが、和洋中の3つの
選択肢があります。


私は中国料理を頼んでみました。
鼎泰豊です。
蒸し鶏のスープ麺と伝統的中華総菜です。
麺にコシはなかったけれど、美味しかった。
中文のメニューをチェックするの忘れたので
正式な料理名が分からなくて、街で食べたい
ときにどう注文しようか?
という問題が生まれてしまった…。


中国料理の食後のデザート
フルーツです。


日本料理はこんな感じでした。
特等池上米使用です。
美味しかったそうですが、
食後のデザートは付いてきません。

最後に西洋料理です。
画像がないのでメニュー丸写しです。

フレッシュフルーツ
ヨーグルト
シリアル
厳選パンのバター添え
クロックムッシュ、ベーコン添え

以上です。


包種茶
好きです、これ。

包種茶、なかなか売っていないようで、
最後に空港の免税店でティーバッグを
見つけて買いました。
まだ飲んでいないので、どちらが美味しい
のかは現時点では不明です。


緑茶
どこの煎茶かメニューに書いてあったの
ですが、読んでいないので不明です(笑)。

食後、軽く眠っていたら
もうセントレア到着。


間もなくオープンの第2ターミナル


FLIGHT OF DREAMSのB787


ミュースカイに乗ってしまうと現実
世界に戻ってしまう気分になります…。

以下の記事もご参考にしていただければ
日本から台湾へ空路で移動(エバー航空)

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2019 All Rights Reserved.