乗り物好きです

ポーランドからスロバキアへ鉄道で移動

2018/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

ポーランドのカトヴィツェからスロバキアのコシツェまでチェコを経由して移動しました。

行程は

列車番号EIC103 POLONIA
カトヴィツェ駅09:23発→オストラヴァ本駅(Ostrava hlavní nádraží)10:58着

列車番号1003 Ragio Jet
オストラヴァ本駅(Ostrava hlavní nádraží)11:06発→コシツェ駅15:43着

です。


切符は前日にカトヴィツェ駅にて購入しようとしたのですが、オストラヴァ本駅までの分しか買えなくて、そこから先はオストラヴァ本駅で買って下さいとのことでした。


画像は2人分の切符です。片道1人あたり25.98PLNでした。

そして迎えた当日


カトヴィツェ駅の北側は新しくて商業施設もたくさんあるのですが、南側は昔ながらの佇まいです。


定刻通りにやってきました。


列車に乗ったら6人コンパートメントでした。同じ部屋に他の乗客もいなくてのんびり過ごせました。


Wi-Fiなしコンセントは各自の分あります。


トイレはこんな感じです。


コンパートメント内はこんな感じです。


乗車時部屋の中が少し暗かったのですが、照明スイッチで操作できました。


下車するひとつ手前のBohumin駅で停車時間が長めなのとチェコに入国するということで、オストラヴァ本駅以降の切符が買えるか窓口でたずねてみましたが、Regio Jetはオストラヴァ本駅で買ってね、と言われ買えませんでした。

少し遅れて11時頃オストラヴァ本駅に到着。もともと乗り継ぎ時間が8分しかないところ、もっと短くなってしまいました。窓口が混んでいたら終了でしたが、なんとかあまり待たずに順番が来ました。
しかし、切符は車内で購入してください、とのことでした。

乗り換えのホームは途中駅舎の部分をはさむような感じでかなり離れていたのですが、ギリギリ乗車に間に合いました。(乗り換える列車の到着も少しだけ遅れていたので良かったです。)

乗車する時にホームに車掌が下りてきていたので切符を持っていないことを告げると、運賃は現金でしか買えないと言われたのですが、手持ちがユーロしかないと答えたところ、問題ないという回答だったので、とりあえずデッキに乗って支払い(片道1人あたり21.50€)待機しました。


しばらくすると、今日は混んでて2人で乗れる座席がないのでこのコンパートメントの中に座っていてください、そして座席を予約している人がやってきたら移動してね、とその部屋まで案内されました。


切符はしばらく経ってから持ってきました。座席指定の部屋はバラバラになっています、その座席は実際には利用しませんでした。

結局、終点まで乗客の入れ替わりがあったものの、定員を超えることはなかったので、そのままそのコンパートメントにいました。
他の乗客が本当は何番の席での予約だったのかは不明です。

乗り換えで余裕がなかったので、オストラヴァ本駅での画像はありません。ちなみに機関車も含めて、編成の全ての車両の塗色が黄色で統一されていました。


コンセントは窓際に二ヶ所だけあります。Wi-Fiあり。


座席はこんな感じです。


空調と照明のスイッチ


無料の飲み物のサービスもありました。


コシツェ駅に到着。


コシツェ駅にREGIO JETの広告がありました。


コシツェ駅周辺。鉄道駅の隣にバスステーションもあります。

個人的な総評ですが、こういった客車列車は旅情があって良いです。コンパートメントは同じ部屋にどんな乗客が来るかによって快適性が非常に大きく変わりますが(笑)。
食堂車もあったようですが、今回は利用しませんでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物好きです。そんなにたくさん乗れないですが、 珍しいものに乗れたらアップしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 交通系旅人 , 2018 All Rights Reserved.